自己破産寸前の公務員が自宅と家族を守れた!

家庭を守れた


借金のことといえば住宅ローンという言葉くらいしか知らなかった私ですが、ある日、突然に大きな借金を抱えてしまいました。

 

 

借金
だれでも人生に1度くらいは経験するのが借金の問題です。

 

有名人の莫大な借金返済の話もよく聞きますよね。

 

私にもそんな経験があります。

 

私の場合はある日、突然借金3,000万円を抱えることになってしまったのです。

 

当時、私は公務員でしたし今も公務員です。

 

ギャンブルをしたわけでもなく、妻と2人の子供と平穏な日々を過ごしておりました。

 

そんな私が急に3000万円もの借金を抱えたのです。

 

借金の原因は兄の借金の連帯保証人になっていたからでした。

 

兄は私と違い、独立心が旺盛で当時は会社を2つ経営しておりました。

 

3歳年上の兄は子供の頃から面倒見がよく、ガキ大将で私のことも良く可愛がってくれました。

 

そんな兄を私は自慢に思っていたし、当時もなんだかんだと世話になっていました。

 

そんな兄から融資の保証人を頼まれた時も

 

兄を信じていたのでこのようなことになるなど思いもしませんでした。

 

ある日、突然に

 

公務員の私に信用もあったので、融資の話も兄に任せて私の実印を預けたくらいでした。

 

当時はリーマンショックの頃でしたが、ビジネスの世界の厳しさを私はニュースでしか知りませんでした。

 

私は公務員ですので、民間企業のようにほんとうの厳しさは全く知りませんでした。

 

ところが冒頭でお話しさせていただいたように、突然私の知らない金融会社から連絡があり兄と連絡が取れないので

 

借金の返済をすぐにしてほしいといわれたんです。

 

連帯保証人の私に融資したお金を全額支払ってほしいとのことでした。

 

融資を受けていた会社は全部で3社で融資の残高は約3000万円ほどありました。

 

借金取りの冷たい言葉使いに私は心底、震え上がりました。

 

今でも忘れません。

 

 

私は家を購入したばかりだったのでとても支払える金額ではありませんでした。

 

そして兄からの連絡はナシ、私は自分の置かれている状況がわからず途方に暮れました。

 

本当に残念なことに、それ以来兄からの連絡は一切なくなってしまいました。

 

 

自己破産

 

その時、まず頭に浮かんだのは自己破産することでした。

 

それから3日間は妻にも相談できず、自宅や車を手放さなければならない自己破産のことばかり考えていました。

 

3000万円の返済ということになりますと、自宅や車を売っても返済できません。

 

 

私は自己破産すれば何もかも失うと考えていました。

 

自己破産になれば会社にもいずらくなる。

 

妻とは離婚。

 

自宅は競売。

 

一家離散。

 

そして子供とは会えなくなることなど

 

 

悪い妄想ばかりが頭をよぎりました。

 

食事が喉を通らなくなり、80kgあった体重が3日間で75kgになりました。

 

借金の残高が総額で約3千万円

 

私のお給料は手取りが毎月30万円、貯金はナシ

 

自宅や車も手放したくない。

 

こんな中年男には返済できる目途が全くないと思っていました。

 

まさに私にとっては絶体絶命の大ピンチでした。

 

 

 

自分の知識だけでは解決できない問題でした。

 

その時、私はネットでもしかしたらという債務整理の方法を見つけました。

 

 

 

今でも、もしネットでその方法を見つけていなかったらと思うとゾッとします。

 

おそらく私の人生は今頃、全然、違ったものになっていたでしょう。

 

それはコジンサイセイと呼ばれる方法です。

 

とにかくワラにもすがるような状況だったのですが、なんとお陰様で私は助かりました。

 

現在は家族とともに私の家も車も残ってます。

 

このコジンサイセイってすごい方法です。

 

 

>>>私はココでその方法に出会いました。<<<